高品質・低価格を実現するために

maison epicerでは洋服を作る意外のコストを徹底的に削減することで、〝良品質&低価格〟なるべく手の届きやすい価格で提供できることを心がけました。

実はお店で販売されている「服の代金」には、生地代だけでなく縫製費や輸送費などの様々なコストがかかっています。また店舗で販売すると店舗費用や人件費なども多く発生します。

ただ、maison epicerはなるべく手の届きやすい価格で提供したい。

では、そのために具体的にどんなことを行ったのか一部ご紹介いたします。

 

良品質&低価格を実現するために行ったコスト削減をご紹介!

①工場と直接やり取り

服を生産するのに販売会社と工場との間に入って色々お手伝いしてくださる企業様がございますが、maison epicerは工場様と直接やり取りすることで中間マージンの費用を抑えることができました。

 

②店舗を持たない

店舗販売には毎月の固定費がかかってきます。その大部分を締めるのが家賃や人件費、光熱費。ECサイト限定販売となりますので、その大部分をお洋服に費やす事ができました!

 

③ブランドタグ

お洋服についているブランドタグですが、こちらも「服の代金」に含まれます。

他ブランドと差別化するために立派なブランドタグを作ることは可能ですが、ブランドタグがどれだけ立派でも服が伴っていなければ何の意味もありません。

タグはシンプルに。maison epicerはとことん素材重視です!

 

④お届け用梱包箱

オリジナルの梱包箱や可愛いショップバッグなど全て「服の代金」に響くので、極力簡易にシンプルにしました。

ワンピース等もなるべくハンガーを使わずに納品させていただくスタイルで、スリム化を図っています。

 

⑤できることは全て自分達で行う

ブランドサイトや通販サイトの構築からタグ付けや梱包作業まで自社で行うことで限りなくコストを削減しております。

できることは全て自分たちで行う!がモットーです。

カテゴリー: